1. Home
  2. 住まいのこと

【住まいの違い編】学生はどんな家に住んでるの?|住まいの知っておきたいコト

2020.02.09
【住まいの違い編】学生はどんな家に住んでるの?|住まいの知っておきたいコト
住まいをちゃんと調べないで決める方が多くいます。あるアンケートでは、今の住まい満足度に大きな違いがでてきています。「こんなはずじゃなかった…」とならないためにも、【住まいの知っておきたいコト】で住まいについて考えてみませんか?

⏱この記事は約3分で読めます

住まいの知っておきたいコト

  1. 【住まいの違い編】学生はどんな家に住んでるの? ◀︎いまここ
  2. 【生活が分かる編】住まいの違いで変わる生活の質。
  3. 【お金が分かる編】 結局、お金はいくら必要?
  4. 【お部屋探し編】住まいを探すタイミングも違う?
  5. 【 おススメ編 】親子の希望を叶える住まいの選び方

意外と知らない。住まいの「種類」をチェック。

多くの学生さんが生活する「住まい」は大きく分けて4つの種類があります。それぞれの特徴をチェックしておきましょう。

1.一軒家/シェアハウス(一軒家タイプ)

家族を中心とする親子や2世帯で住むことが多い住まいです。家族で住むことを前提に作られているので、部屋は人数分あってもキッチン、リビング、玄関、風呂などは1つであることが多いです。ちなみに、一軒家の一部屋を他人に貸して、キッチン、リビングなどをシェアすると、一軒家型シェアハウスになります。

2.アパート

低層の集合住宅で、一棟の中を複数の住居に区切っている住まいを指します。ファミリー、シングルの住まいが混在する住まいです。
隣の部屋とは区切られ、部屋の中にキッチン、風呂、トイレが完備しているものが多いです。
ただし、構造が一軒家と同じであるため、隣の部屋の生活音やTV音が聞こえやすく、少し大きめの音楽をかけていると隣の部屋から”壁ドン”されることも、しばしば。

3.マンション

一般的にマンションというと中高層の集合住宅です。ファミリー、シングルの住まいが混在する住まいです。
一軒家やアパートとは構造が違い、鉄筋コンクリートなどで作られているため、隣の部屋に生活音は漏れにくく、地震にも比較的強いのが特徴です。しかし、最新の高級分譲マンションでない限り、友達を呼んで遊んでいると壁ドンされることはあります。

4.学生会館ドーミー

学生向け中高層の集合住宅。構造はマンションと同じなので頑丈です。学生生活に特化したサポートのある住まいです。ラウンジやダイニング、ランドリーなどの共用施設があり、自由に使えるようになっています。また、食事提供や常駐管理などのサポートがあります。
多くの学生が集まっていることもあり、勉強している人の邪魔はしないなど、他人に迷惑を掛けないという一定のルールがあります。

⑤学生寮

「学生寮」の定義は法律で定められているわけではなく、学校が用意している住まいが学生寮と呼ばれています。そのため、一軒家タイプのシェアハウスからアパート、マンションタイプ、学生自治など種類は多岐に渡ります。学生会館ドーミーも、大学と提携して学生寮という呼び方をすることもあります。学校ごとに「学生寮の詳細」の確認が必要です。

「学生寮」の定義は法律で定められているわけではなく、学校が用意している住まいが学生寮と呼ばれています。そのため、一軒家タイプのシェアハウス、アパート、マンションタイプ、学生自治など種類は多岐に渡ります。学生会館ドーミーも、大学と提携して学生寮という呼び方をすることもあります。学校ごとに「学生寮の詳細」の確認が必要です。

次は、住まいによって変わる生活の違いをチェックしましょう。

<住まいによって生活はこんなに変わる⁈【生活が分かる編】>

ライター
ドーミーラボ編集部

「夢中になれる学生生活」を探求するウエブマガジンです。進学や進路のあり方、充実した学生生活をおくるために実践できる知恵やヒントを発信していきます。

  • 早めのエントリーで住まい探しをスムーズに!WEB限定 合格前エントリー
  • 早めのエントリーで住まい探しをスムーズに!WEB限定 合格前エントリー