1. Home
  2. ドーミーストーリーズ

Dormy Stories #4 東京を離れた理系大学院生が語る、夢中になれる学生生活の秘訣。

2021.08.31
Dormy Stories #4 東京を離れた理系大学院生が語る、夢中になれる学生生活の秘訣。
学生寮での生活ってどんなものなのか、なかなか想像がしにくいですよね。今回、ドーミーにお住まいの四人の先輩方にご協力いただき、入居者目線からのリアルな声を聞かせてもらいました。先輩方が何を考え、どう決断したのか、是非耳を傾けてみてください。

⏱この記事は約2分で読めます

dormy series #4 ケンイチロウさん(修士2年)

社会人になる前の準備期間として最適
一般的なアパートとかでの一人暮らしでは絶対経験できないことがある

ドーミーは本当にお世辞抜きにしても人のつながりを生んでくれる。

すごい、いい場所だなと思いますし。小学生みたいな感想になるんですけど。

初めて九州ってとこに上陸して一人暮らしをするっていう、結構、初なことがかなり多かったんですけども、衣食住ちゃんとそろって、引っ越し準備もかからずに、一人暮らしをスタートできたってところは、ここに住んで良かったことかなと思います。

駅も近いし、キレイだし、食事の栄養バランスもちゃんと取れそうだしってので、もう即決。

食事の様子

ドーミーに住んでても、やっぱりいろんな人がいるなというのをすごく感じまして、様々な人と関わることに対する抵抗感はまず無くなりました。なので、社会人になってもいろんな性格の人がいると思うんですけど、そういった人と上手く付き合っていく術はドーミーに住んでて自然と身についたかなと思います。

仲間が出来るって点では、すごくありがたい環境。それは、もう一人暮らしでは、一般的なアパートとかでは絶対にないことかと思います。

ドーミーの友人と学校に行く様子

ドーミーは安心感を与えられて、一生ものの友人ができる、将来社会人になるに当たってのコミュニケーションスキルも身に付く。

そういった3点セットでお得なところじゃないかなと思います。

ライター
ドーミーラボ編集部

「夢中になれる学生生活」を探求するウエブマガジンです。進学や進路のあり方、充実した学生生活をおくるために実践できる知恵やヒントを発信していきます。

  • さあ始めよう。月額3万円でひとりぐらし。就学支援プログラム 分割払い&後払いで学生様を支援します。
  • 早めのエントリーで住まい探しをスムーズに!WEB限定 合格前エントリー